催眠療法・心の病のホームページ

kokoro-hp.com

読者の書評 ・・・・・・ 「催眠療法」

著書「催眠療法」治してください!
by y.w(神奈川県)
私はここ10年ほど前からパニック障害にかかり薬を飲みながらの生活ですが、この本を読んでこの病気が治せることを初めて知りました。
今まで一生この症状とうまく付き合っていかなければならないのだと諦めていましたが光が見えたという気分でとても嬉しくなりました。
私の症状だけではなく、心の病全般に子供時代の親子関係や環境がこんなかたちで影響しているものだということを初めて知り驚いています。
自分の子ども時代を振り返ってもなんとなく分かるような気がしますし、この本がいろんな例で教えてくれたような自分だけでは分からない心の奥には深い影響を受けているのだろうと思っています。
早速治していただきたいので、どのように相談したらよいか教えてください。(以下略)

トラウマの弊害
by taguchi (大阪府)
この本を読んで、トラウマの恐ろしさを知りました。無意識の中に放っておくことの弊害を知り早く自分の中のトラウマを認識し対処しなければならないと考えさせられました。
何かに執着したり、悩みをさらっと流せずに苦しみを引きずる時は、その背後にトラウマが潜んでいたんだということをはっきり学びました。
他の人から見れば悩まないでいいことを悩んでいたし、自分の中で切り離せなかったことを今後は客観的に対処して乗越える為にもこの本は役に立ちました。今まで知らなかった知識を得ることができたことで心が楽になりました。

救われました
by customer(埼玉県)
今までこういった類の本はいろいろと読んできましたが、この本には本当に救われました。
同じように悩み苦しんでいる人の状況が手に取るように感じられる語り口で、大変読みやすい本だと思います。長年悩んでいたことが、心の奥深くに潜んでいたトラウマによるものだと理解でき、本当に苦しみから解放されそうだと痛感できる内容でした。
催眠は娯楽だと思っていましたが、この本を読んで、催眠の本質も理解でき、催眠療法を一度受けてみたいと思っています。
もっと早く出会えていれば…と思えたほど救われた一冊です。

ぜひ読んでいただきたい。
by Y.K(東京都)
自分でも説明ができない発言と行動。「自分は何故こうなんだろう?」一人で悩み、苦しみ続ける日々。外傷と違い心の傷は自分でも判り難いものです。
傷の深さを知らずが故に自分の人生を棒に振ってしまうことさえあるのだとか。著者は心の持つ不思議と心が受けた傷の治し方を初心者に理解しやすく、丁寧に書いています。
心が抱えている傷は治るのです。もう苦しむ必要はないのです。悩み多き現代、催眠は心の特効薬かもしれません。心の病で苦しんでいる人にはぜひ読んでいただきたいと思います。

トラウマ=無意識がひいた風邪?
by kazumi1975 (北九州市)
何故だろう?どうしてわたしは皆と同じように普通に生活ができないのだろう?他人の視線に意味もなく怯え、電車に乗るのが苦痛で仕方がない。家の中にいても、ご近所の奥さま連中の視線や井戸端会議が怖くて仕方がない等、自分でも説明ができない不可解な行動で苦しんで生きてきました。
なぜ?それを解くカギは“無意識”の中に